LOG IN

週末旅行 Dublin-Ireland 3

by しっぽ

どうしてもGiant's Causeway(ジャイアンツ・コーズウェー)か Cliffs of Moher(モハーの断崖)に行きたいと言う宇宙人が悩みに悩んで、 Wild Rover Toursさんの北アイルランドのジャイアンツ・コーズウェイに行くツアーに参加しました。

このツアーには北アイルランドの中心地、ベルファストをクシーに乗って歴史を学びながら巡るか、タイタニックミュージアムに行くかも選べます。私たちはタクシーツアーに。
北アイルランドではアイルランド共和国編入(or独立)を望むカトリック系住民と、イギリス連邦側のプロテスタント住民の間での宗教対立が続いており、現在も同じ国、同じ街にもかかわらず居住区の栄目に壁が建てられています。さらに両地区の間には検問所があり、夜の10時には閉鎖されるという、宗教対立の現実を垣間見る現状が続いています。2005年にIRAが武装闘争の終結を宣言し、現在は観光も出来るくらい落ち着いている状況のようですが、つい最近まで隣人同士が殺しあうというまさに戦場だったと思うと複雑な気持になりました。壁に“平和”の文字を書いてきました。

北アイルランド紛争の若干気が重い歴史を学んだ後は、灰色の空が青空に変わりジャイアンツ・コーズウェイに向かいました。途中バスから下車して見る事ができた14世紀に要塞として建設されたお城Dunluce Castle(ダンルース城)、陸と城がある岬を結ぶのは小さな橋1本で周囲は断崖になっているため、難攻不落といわれている要塞です。
スコットランド のアバディーン近郊のストーンヘブンという小さな町にあるDunnottar Castle(ダノター城)に似てました。

ダンルース城からバスで15分ほどでジャツ・コーズウェイ駐車場に到着。
駐車場からジャツ・コーズウェイまで歩いて20分、有料で送迎バスが出ていたのですが、お天気が良かったのとバスに座りっぱなしでお尻も痛かったのでちゃいろ家は歩いて行きました。
世界遺産にも登録されているジャイアンツ・コーズウェイ、海岸の一部に4万もの六角形の石柱が連なる不思議な光景です。なぜこのような形になったのかはいまだに謎、自然の作り出した神秘です。
太陽の暖かさと潮風を感じながらしばらくの間座って景色を眺めていました。なんだかとてもイイ気を感じました。

観光バス出発15分前にパブで私はギネス、宇宙人はアイランド・ウイスキー。このウイスキーがとっても美味しかった。お会計の時にユーロ€ではなくポンド£だったので、あっ!北アイルランドはイギリスだった事をすっかり忘れていた…


しっぽ
OTHER SNAPS